2009.04.22Cooler Masterから新しいミドルタワー型ケース「Gladiator 600」が登場

2009年4月15日台北(台湾)-Cooler Masterは最高の品質を誇るミドルタワー型ケース「Gladiator 600」をリリースしました。本製品の黒い外観は控えめながらも貴賓に満ち溢れており、とっても神秘的かつ立派です。この巧妙な作りの中にも、このGladiatorを持ってすれば電源ユニットへの配慮など必要としない、ミドルタワー型ケースではこれまであまり見られなかったパワフルな構造が特徴的です!

優れたエアフロー
 本製品のフロントパネルは青色LED付きの120mm角ファンが装着されているばかりか、すべてメッシュ加工が施されており最高のエアフローを実現します。天板とサイドパネルには、5基の120mm角ファンや4基の140mm角ファンと1基の120mm角ファンといった、さまざまなファンが設置できる取り付け孔が用意されています。

ケーブルマネージメントシステム
 ケースの内外にケーブルを取り回す構造が用意されているため、マザーボードトレイはケーブルを繋げたまま引き出すことが可能。また、それは同時にケーブルおよびコンポーネントの損傷を防ぎます。

ユーザーフレンドリーな設計
 Cooler Masterのエンジニア達は、常にユーザーも配慮した開発を行っています。そのため、Gladiator 600では5インチおよび3.5インチのそれぞれのベイへのドライブの固定にはドライバを必要とせず、簡単に装着およびメンテナンスが可能です。また、eSATAも用意されているフロントI/Oパネルはアクセスも容易です。さらに、Cooler MasterはCPUクーラーの迅速なインストールおよび取り外しが行えるように、CPUクーラー設置用の穴を用意しました。最後に、底面の電源ユニットを搭載する箇所にはフィルタが設置され、埃の進入を防ぐほか、取り外しもできるのでメンテナンスも簡単です。




Cooler Masterについて
 Cooler Masterは世界中の顧客へもっとも優れた熱対策ソリューションを提供しています。10年前の設立以来、革新的な最先端の技術をユーザーやビジネスに提供するため、製品開発に投資をし続けています。Cooler Masterのラインナップは、ヒートシンクとファン、それにケース、電源ユニット、機能パネルにアクセサリーと幅広いものとなっています。Cooler Masterは台湾の台北に本社を置き、さらにヨーロッパとアメリカ、それにアジア太平洋地域にそれぞれ支社を設立し、顧客に対して迅速に最良のサービスを提供しています。Cooler Masterに関するさらに詳しい情報は、弊社Webサイト(www.coolermaster.com)を参照してください。

戻る