2009.12.11小さなケースにも無理なく入る小型で強力なタワー型CPUクーラー「Hyper 101」を発表

 Cooler Master co., Ltd.(以下Cooler Master)は2009年12月11日、小型で強力な冷却能力が特徴のタワー型CPUクーラー「Hyper 101」を日本市場向けに発売することを発表いたしました。

 Hyper 101は、小型ケースに入る省スペースサイズを実現しつつ、TDP 95Wクラスの高性能CPUを十分に冷却できるだけの性能を備えた、小型のCPUクーラーです。冷却能力に優れるタワー型を採用しながらも、高さをわずか117.5mmまで抑えており、多くの小型ケースに無理なく入れることができます。

 小さなサイズで、より強力な冷却能力を実現するために「ダイレクトコンタクトヒートパイプ」を採用しており、強力な冷却能力と省スペース性を両立することに成功しました。ダイレクトコンタクトヒートパイプは、高速な熱の移動を行えることで知られるヒートパイプを、CPUの表面に密着させることで、より効率の良い熱伝導を行う技術です。この技術により、強力な冷却能力を実現しています。

 また、冷却ファンには、独自形状の羽によって強力な風量と静音性を両立することを可能にした「Blade Master」ファンを搭載しています。これにより、わずか22dBAの静音動作を実現しました。

 もし冷却能力が足りない場合には、80mmサイズの冷却ファンを後から追加で搭載して、デュアルファン構成にすることも可能です。デュアルファンにするための取り付け部品は標準で付属しており、手軽にアップグレードを行えることも本製品の特徴です。


戻る