2012.02.29PCケースに求められる性能と拡張性をすべて備えたハイエンドフルタワーPCケース「COSMOS II」を発表

 Cooler Master co., Ltd.(以下Cooler Master)は2012年2月29日、PCケースに求められるエアフロー性能と、拡張性、静音性、デザイン性、高級感などをすべて兼ね備えた最高級のハイエンドフルタワーPCケース「COSMOS II」を日本市場向けに発売することを発表いたしました。2012年3月9日より販売を開始する予定です。

 

 

COSMOS II

 

 

 

製品名
COSMOS II
本体カラー
ミッドナイトブラック
材質
外装:アルミニウム、合成素材、金属メッシュ
内装:スチール合金、合成素材、ゴム
対応フォームファクター
ExtendedATX、XL-ATX、ATX、microATX、SSI EEB、SSI CEB
5.25インチベイ
3
3.5インチベイ
シャドー
11(上段 x 5、下段 x 6)
スロットイン(X-dock)
2(3.5インチSATAストレージをスロットインで使用できるスロット)
2.5インチベイ
シャドー
11(3.5インチシャドーベイと共用)
背面拡張スロット
10+1(+1は縦配置のスロット)
前面インターフェース
USB 3.0 x 2
USB 2.0 x 4
eSATA 6Gb/s x 1
ヘッドホン x 1
マイク x 1
ファン
前部
200mmファン(700rpm/19dBA/ブルーLED) x 1
(140mmファン x 1または120mmファン x 1に換装可能)
後部
140mmファン(1,200rpm/19dBA) x 1
上部
120mmファン(1,200rpm/17dBA) x 1
(200mmファン x 1または140mmファン x 2または120mmファン x 3に換装可能)
左側面
120mmファン x 2(オプション)
3.5インチシャドーベイ
上段:120mmファン x 1(オプション)
下段:120mmファン(1,200rpm/17dBA) x 2
電源
なし(EPS12V、ATX電源に対応)
サイズ
幅344mm x 奥行き664mm x 高さ704mm
対応パーツサイズ
CPUクーラーの高さ
190mmまで
ビデオカードの長さ
385mmまで
質量
約22kg
※製品の仕様は製品の改善のために予告なく変更することがあります。
 
価格
オープン価格
予定発売日
2012年3月9日

 

 

 

・最高13台のHDDを搭載できる余裕のストレージ対応
 3.5インチシャドーベイは、本体下段がストレージ&電源ユニットエリアとなっており、そこに6基のベイを備えています。また、上段のシステムエリアにも5基のベイがあり、下段と合わせて計11基の3.5インチストレージを搭載可能です。各ベイは2.5インチサイズのストレージにも対応しています。スロットインに対応する便利なX-dockスロット x 2を使用した場合には、計13台のストレージが搭載可能です。

 

・3.5インチストレージをスロットインできるキーロック付きX-dockスロットを2基搭載
 3.5インチHDDなどをスロットに直接挿し込んで使用できるX-dockスロットを2基搭載しています。HDDをUSBメモリと同じようなリムーバブルメディアとして使用でき、大容量データのバックアップや移動を容易に行えます。インターフェースはSATA 6Gb/sに対応しており、高速なデータ転送に対応します。スロット部分には錠付きのフタを付けてあるので、自分以外の人には使用できないようにすることができます。

 

・本体の前側を支点に開くスタイリッシュで使いやすいサイドパネル
 左右のサイドパネルとPCケースは蝶番でつながっており、サイドパネルをドアのように簡単に開けることができます。この仕組みによって、PCケース内部へのアクセスを容易にしており、高いメンテナンス性を実現しています。サイドパネルはドアのように開くだけでなく、一般的なPCケースと同様に完全に取り外すことも可能です。

 

・ケース内を上段と下段に分離した2段構造でエアフローを向上
 COSMOS IIの内部は、マザーボードなどを設置するシステムエリアと、HDDと電源ユニットを設置するストレージ&電源ユニットエリアの上下2段構造になっています。上段と下段では空気の流れる方向が異なっており、上段は前+上から取り入れた空気を後方に流すエアフローデザイン、下段は左側面から右側面に空気を流すエアフローデザインです。2段構造にすることで、ストレージを大量に搭載する場合でもスムーズな空気の流れを実現できます。

 

・最高10個のファンを搭載可能な拡張性に優れたエアフローデザイン
 ファンは標準で5個搭載しており、使用環境に合わせて最高で10個搭載可能です。ファンの取り付け位置や搭載する数、さらに吸気排気の変更を行えば、ケース内のエアフローを自在にカスタマイズできます。使用するパーツに合わせた最適なファン構成を見付けてみてください。

 

・スマートに開け閉めできるアルミニウム製のスライドカバーを前面と上面に搭載
 前面に搭載するスライドカバーは、PCケースで一般的に使用されているプラスチック製カバーではなく、高品質かつスタイリッシュなアルミニウム製カバーを使用しています。カバーはデザイン性を向上しているだけでなく、触れたときの金属特有の冷たさや、操作したときの満足感を提供します。本体上面には、電源スイッチやファンコントローラーを隠すカバーも搭載しており、そちらにもアルミニウム製カバーを採用しています。

 

・9個のファンに対応する4グループ制御のファンコントローラーを搭載
 本体上面に搭載するファンコントローラーは、COSMOS IIが搭載できる10個のファンの内、9個のファンをコントロールできる高性能なものです。9個のファンは、ファンコントローラー上で「FRONT」(ファン x 1)、「TOP」(ファン x 3)、「HDD」(ファン x 3)、「GPU」(ファン x 2)の4つのグループに分けられており、グループごとに回転数を3段階に変更できます。

 

・簡単に取り外しを行えるダストフィルターを前面/上面/底面に搭載
 前面と上面のメッシュ部分と、底面の電源ユニット搭載部分には、簡単に取り外して掃除を行えるダストフィルターを搭載しています。定期的に掃除をすることで、PCケースの高いエアフロー性能を容易に維持することが可能です。

 

・メッシュ部分には効率が良く強度が高いハニカムメッシュを使用
 吸気部分および排気部分に備えるメッシュには、空気をスムーズに流すことができ、かつ高い強度を持つハニカムメッシュを使用しています。

 

・CPUクーラーのメンテナンスを容易に行える大型メンテナンスホールを搭載
 CPUクーラーの中には、マザーボードの裏側に固定用のバックプレートを取り付けなければいけないものがあります。そのようなCPUクーラーであっても、PCケースからマザーボードを取り外すことなくCPUクーラーの取り付けを行えるのが、メンテナンスホールです。マザーボードの取り付けトレイにメンテナンス用の穴を空けてあり、PCケースの右側面からマザーボードの裏側にアクセスできます。COSMOS IIでは、より作業しやすいように大型のメンテナンスホールを備えています。

 

・ゴムカバー付きの裏配線用ケーブルホールを搭載
 PCケース内を横切るケーブル類は、見た目が美しくないだけでなくスムーズな空気の流れを阻害してしまいます。COSMOS IIでは、マザーボードの取り付けトレイとサイドパネルの間にケーブルを通すことができるため、ケーブル類の露出を最低限に抑えることができ、エアフロー性能とデザイン性を向上させています。ケーブルを通すケーブルホールにはゴムカバーを付けてあり、ケーブルの入り口と出口をキレイに見せることができます。

 

・水冷用ホースを通せる水冷ホースホールを背面に用意
 背面には水冷用のホースを通すことができる水冷用ホースホールを搭載しています。大型のラジエーターをPCケースの外に設置したい場合などに、PCケース内にキレイにスムーズにホースを入れることができます。

 

・NVIDIA SLI/AMD CrossFireXの4-way構成に対応(2スロットタイプも可)
 COSMOS IIの内部スペースは大変広く、長さ385mmまでのビデオカードを搭載できます。NVIDIA SLIやAMD CrossFireXなどのマルチビデオカード構成にも対応しており、2スロット占有タイプのビデオカードを4枚まで搭載可能です。

戻る