2012.03.1415mm厚の薄型モデルも用意したPWM制御の風量強化タイプファン「XtraFlo 120シリーズ」を発表

 Cooler Master co., Ltd.(以下Cooler Master)は2012年3月14日、強力な風量が特徴の120mmファン「XtraFlo 120シリーズ」3製品を日本市場向けに発売することを発表いたしました。

  「XtraFlo 120」は、LEDを搭載しないスタンダードモデル。「XtraFlo 120 Blue Fan」は、ブレードが青く光るように見えるブルーLED搭載モデル。「XtraFlo 120 Slim」は、厚さわずか15mmの薄型モデルです。

 3製品共に2012年3月23日より販売を開始する予定です。

 

 

XtraFlo 120シリーズ

 

 

 

製品名
XtraFlo 120
XtraFlo 120 Blue Fan
XtraFlo 120 Slim
LEDカラー
LEDなし
ブルー
LEDなし
サイズ(W x D x H)
120mm x 120mm x 25mm
120mm x 120mm x 15mm
回転数
600~2,000rpm+-10%(PWM制御)
500~1,600rpm+-10%(PWM制御)
風量
24.9~82.9CFM+-10%
17.4~58.4CFM+-10%
静圧
0.3~2.7mmH2O+-10%
0.18~1.76mmH2O+-10%
騒音値
9~36dBA
8~30dBA
ベアリングタイプ
長寿命スリーブベアリング
長寿命スリーブベアリング
動作電圧
直流12V
直流12V
動作電流
0.34A
0.16A
消費電力
4.08W
1.92W
コネクタタイプ
4ピン
4ピン
動作寿命
40,000時間
40,000時間
質量
104g
79g
付属品
取り付け用金属ネジ x 4
振動防止用ゴムパッド x 4
取り付け用金属ネジ x 4
振動防止用ゴムパッド x 4
※製品の仕様は製品の改善のために予告なく変更することがあります。
 
価格
オープン価格
予定発売日
2012年3月23日

 

 

 

・軸の小型化によってブレードの大型化を実現
 小型の高性能モーターを使うことで、一般的な120mmファンと比べて軸部分の大幅な小型化を達成しました。軸の小型化によってブレードを大型にすることができ、より大風量を実現しています。

 

・ブレードの形状を風量重視の独自形状にすることで大風量を実現
 波のような曲線を使用した独自形状のブレードは、風量を重視して設計を行ったものです。この独自の形状に加えて、通常よりも大きなブレードを使用していることもあり、同サイズのファンの中では最高レベルの大風量を実現しています。

 

・多くのマザーボードで細かい制御を行えるPWM制御に対応
 最近の多くのマザーボードは、CPUクーラー用のファンコネクタだけでなく、ケースファン用のファンコネクタにもPWM制御を採用しています。本製品は4ピンコネクタを搭載してPWM制御に対応することで、マザーボードが搭載するファンコントロール機能を最大限活用することができます。

 

・静音重視の低回転から冷却重視の高回転まで幅広い回転数に対応
 本製品は低回転から高回転まで幅広い回転数に対応するワイドレンジ対応ファンです。たとえば温度でファンの回転数を制御する場合などは、温度に応じてまるで違うファンであるかのように風量を変化させることができます。

 

・取り付け場所に振動を伝えにくくする振動防止ゴムパッド付き
 ファンによる騒音をより小さくするために、本製品にはファンの4隅に取り付ける振動防止用ゴムパッドを付属しています。ファンの振動がCPUクーラーやケースに伝わると、ファンそのものの動作音よりも大きな音が出てしまうことがあります。本製品では振動防止ゴムパッドを使うことで、取り付け場所へのファンの振動の移動を防ぐことができます。

 

・パーツやメモリなどとの干渉を防げる15mm厚の薄型モデルも用意
 小型ケースなどではHDDやビデオカードなどとファンが干渉してしまうことや、マザーボードによってはCPUクーラーとメモリが干渉しやすいことなどがあります。そんな狭いスペースでもファンを取り付けることができるように、15mm厚の薄型モデル(XtraFlo 120 Slim)を用意しました。通常モデルと基本設計は変わらないため、薄型であっても強力な風量を実現しています。

戻る