2012.05.02ハニカムフィンと斜め付けベースで強力に冷やすスタイリッシュなCPUクーラー「X6」を発表

 Cooler Master co., Ltd.(以下Cooler Master)は2012年5月2日、放熱性能を大幅に向上するハニカムフィンと、PCケース内のエアフローを最大限に活用する斜め付けベースを採用する、スタイリッシュなデザインのCPUクーラー「X6」を日本市場向けに発売することを発表いたしました。2012年5月11日より販売を開始する予定です。

 

 

X6

 

 

 

製品名
X6
対応ソケット
Intel
LGA2011/1366/1156/1155/775
AMD
Socket AM3+/AM3/AM2+/AM2/FM1
対応CPU
Intel
Core i7 Extreme/i7/i5/i3
Core 2 Extreme/Quad/Duo
Pentium
Celeron
AMD
AMD FX/A
Phenom II X4/X3/X2
Phenom X4/X3
Athlon II X4/X3/X2
Athlon X2
Athlon
Sempron
ヒートパイプ
6本
フィン材質
アルミニウム
ファンスペック
搭載数
1
サイズ
幅120mm x 奥行き120mm x 厚み25mm
回転数
600~1,900rpm+-10%(PWM制御)
風量
18.8~59.5CFM+-10%
風圧
0.29~2.30mmH2O+-10%
騒音値
8~27dBA
ベアリングタイプ
長寿命スリーブベアリング
コネクタタイプ
4ピン
動作寿命
40,000時間
サイズ(ファン含む)
幅157.3mm x 奥行き113.8mm x 高さ163.3mm
質量(ファン含む)
約842g(本体732g、ファン110g)
※製品の仕様は製品の改善のために予告なく変更することがあります。
 
価格
オープン価格
予定発売日
2012年5月11日

 

 

 

・通常のフィンと比べて表面積が20%広いハニカムフィンを使用
 放熱フィンの形状をハニカム形状にすることで、放熱性能を大幅に向上しました。本製品が使用するフィンは、通常のフラットなフィンと比べて表面積が20%広く、より多くの熱を処理できます。

 

・PCケースのフロント方向からリア方向に斜めに空気を流す斜め付けベース
 一般的なPCケースでは、PCケースのフロント下部から空気を取り込み、リア上部からPCケース外に空気を排出します。本製品が採用する斜め付けベースでは、CPUクーラーをCPUに対して時計方向に回転させて取り付けることで、PCケース内の空気の流れを乱さず、スムーズなエアフローを実現できます。また、PCケースのフロント下部から流れ込む外気を、最短距離でCPUクーラーに取り込みことができます。

 

・サイドからも空気を取り入れるエアインテークデザイン
 より多くの空気を放熱フィンエリアに通すために、CPUクーラーの側面にエアインテークを搭載しました。ファンが送る風を利用して、CPUクーラーの側面方向からも空気を取り込みます。

 

・静音性能と冷却性能を両立するワイドレンジPWMファンを使用
 本製品では600rpm~1,900rpmまでの大変広い回転数に対応するワイドレンジ仕様のPWMファンを使用しています。ワイドレンジファンを使用することで、発熱量が少ないときには回転数を抑えて静音動作、発熱量が多いときには回転数を上げて強力な放熱を行うという具合に、状況に応じて適切な風量を生み出すことができます。マザーボードのファンコントロール機能などを使うことで、静音性能と冷却性能を高いレベルで両立可能です。

 

・ファンの取り付けが簡単なクイックスナップファンブラケットを採用
 多くのCPUクーラーではCPUクーラーへのファンの取り付けに、細い金属製のブラケットを使用しています。しかし、細い金属製ブラケットの使い方には慣れが必要であり、初心者には少々難しい作業です。少しの取り付けミスで放熱フィンが変形してしまうこともあります。本製品では、CPUクーラーへのファンの取り付けをより簡単に行えるように、独自のクイックスナップファンブラケットを使用しています。ファンを簡単に付け外しできるため、メンテナンスも容易に行えます。

戻る