2012.11.28USB接続での全キー同時認識に対応するゲーマー向けフルサイズキーボード「Quick Fire Proシリーズ」を発表

 Cooler Master co., Ltd.(以下Cooler Master)は2012年11月28日、USB接続での全キー同時認識に対応した画期的なゲーマー向けフルサイズキーボード「Quick Fire Proシリーズ」を日本市場向けに発売することを発表いたしました。2012年12月7日より販売を開始する予定です。

 Quick Fire Proシリーズは、使用するキースイッチの違いで2製品用意しており、CHERRY MXスイッチの赤軸を使用する「Quick Fire Pro 赤軸」と、黒軸を使用する「Quick Fire Pro 黒軸」のラインナップとなっています。

 

 

Quick Fire Proシリーズ

 

 

 

価格
オープン価格
予定発売日
2012年12月7日
 
製品名
Quick Fire Pro 赤軸
Quick Fire Pro 黒軸
キースイッチ
CHERRY MX 赤軸
CHERRY MX 黒軸
キー配列
日本語109キー
レポートレート(ポーリングレート)
1ms(1,000Hz)
複数キー同時押し対応
USB接続での全キー同時押しに対応
独自搭載機能
LEDバックライト搭載
Windowsキー無効化機能搭載
マルチメディアショートカットキー搭載
インターフェース
USB 2.0(Full Speed)
サイズ(W x D x H)
454mm x 155mm x 31mm
質量
1,300g
主な付属品
USBケーブル(1.8m) x 1
キーキャップ取り外し用工具 x 1
対応OS
Windows 8/7/Vista/XP
製品保証期間
2年間
※製品の仕様は製品の改善のために予告なく変更することがあります。

 

 

 

・ゲーマー向けに特化した「CM Storm」シリーズ
 本製品は「CM Storm」シリーズの製品です。CM Stormシリーズは、Cooler Masterがゲーマー向けに特別に設計を行っている製品シリーズです。PCケースをはじめ、マウスやキーボード、ヘッドセット、ノートPC用クーラースタンドなどをラインナップしています。どの製品もゲーマーに人気のスタイリッシュなデザインを採用しているほか、通常よりも高い性能や耐久性を備えています。

 

・USB接続での全キー同時認識に対応
 キーボード上のすべてのキーを同時に押しても全キーを認識できる、Nキーロールオーバーに対応しています。複数のキーを同時に押す必要があるゲームにおいても誤動作せずに快適にゲームを楽しむことが可能です。一般的なUSB接続のキーボードでは、同時認識できるキーの数が6キーまでに制限されていますが、本製品では画期的な全キーの同時認識に対応しました。

 

・暗い場所でも見やすくスタイリッシュなLEDバックライトを搭載
 ゲームでの使用頻度が高い「W」「A」「S」「D」、「Q」「E」「R」「Z」「X」「C」、「1」「2」「3」「4」「5」、「F1」「F2」「F3」「F4」、「←」「→」「↑」「↓」、「Esc」の各キーには赤色のLEDバックライトを搭載しており、暗闇でもキーの印字を確認できるようになっています。明るさの変更も可能です。

 

・Windowsキーの無効化機能を搭載
 ゲームの最中に意図せず「Windows」キーに触れてしまい、ゲームが中断されてしまったという経験をされた方は多いと思います。Quick Fire Proシリーズでは、そんなゲーマー泣かせの「Windows」キーを、無効化することができます。「Windows」キーの無効化機能は、ゲーマー向けキーボードには必須の機能です。

 

・抜群の操作感を提供する高性能CHERRY MXスイッチ(赤軸/黒軸)を採用
 キーボードにおいてもっとも重要な部品と言えるキースイッチには、ZF Electronics CorporationのCHERRY MXスイッチを採用しました。CHERRY MXスイッチは、ゲーマー向けキーボードをはじめ、キー入力が多いビジネス用途でも定評がある高性能なキースイッチです。CHERRY MXスイッチにはさまざまな種類がありますが、Quick Fire Proシリーズでは、ゲーマー向けに最適な2つのスイッチを選びました。「Quick Fire Pro 赤軸」には、クリック感がなく軽い反発力が特徴のCHERRY MX 赤軸スイッチ、「Quick Fire Pro 黒軸」にはクリック感がなく強い反発力が特徴のCHERRY MX 黒軸スイッチを採用しています。2つのモデルから自分にピッタリなキータッチの製品を選んでください。

 

・音量調節などを行えるマルチメディアショートカットキーを搭載
 独自に搭載する「FN」キーを押してから、「F5」キーから「F11」キーまでの7つの各キーを押すことで、音量の調節、消音、動画の再生と停止、トラックの前後移動の7種類のショートカットを使用できます。ショートカットはメディアプレイヤーや動画再生ソフトなどで便利に使えます。

 

・高速な1000Hz(1ms)のレポートレート
 キーボードとPCとの接続は、高速な1000Hzのレポートレート(ポーリングレート)でデータ転送が行われます。その高速さにより、熟練ゲーマーの神業的な手さばきにも余裕で追従可能です。レポートレートは環境に合わせて、1000Hz以外にも、500Hz、250Hz、125Hzに変更できます。

 

・ケーブルの出口を後方または左右の3方向に変更可能
 PCと接続するためのケーブルの出口を、キーボードの上方向、左方向、右方向に変更できます。ケーブルの出口を変更できることで、PCを置いてある場所や机の上の状況に合わせて、ケーブルをキレイに配線できます。

 


※LEDバックライト機能の説明において、「Space」キーが点灯するという記載がありましたが誤りでしたので削除いたしました。実際には点灯いたしません。(2012/12/5)

 

戻る