2013.03.01初心者に使いやすく上級者も納得の高い拡張性を備えたミドルタワーPCケース「Centurion 6」を発表

 Cooler Master co., Ltd.(以下Cooler Master)は2013年3月1日、高い拡張性を持たせることで、ローエンドPCからハイエンドPCまで幅広く対応できるようにしたミドルタワーPCケース「Centurion 6」を、日本市場向けに発売することを発表いたしました。2013年3月8日より販売を開始する予定です。

 

 

Centurion 6

 

 

 

価格
オープン価格
予定発売日
2013年3月8日
 
製品名
Centurion 6
対応フォームファクター
ATX、microATX
5.25インチオープンベイ
3
3.5インチオープンベイ
7(内3つは取り外し可能)
2.5インチシャドーベイ
4(3.5インチベイ x 2を変換して使用)
背面拡張スロット
7
前面インターフェース
USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 2、ヘッドホン x 1、マイク x 1
搭載ファン
前部140mmファン x 1、後部120mmファン x 1
※最高9つのファンを搭載可能
電源
なし(EPS12V、ATX電源に対応)
サイズ
幅200.0mm x 奥行き481.0mm x 高さ464.5mm
質量
約5.9kg
※製品の仕様は製品の改善のために予告なく変更することがあります。

 

 

 

・ブラックとシルバーの2色のカラーバリエーション
 Centurion 6は、前面のベゼル部分がブラックカラーのブラックモデルと、シルバーカラーのシルバーモデルの2色のカラーバリエーションモデルを用意しています。

 

・最高9つのファンを搭載できるフレキシブルファン設計
 本製品は2つのファンを搭載しており、多くの場合はその2つのファンだけでも十分にPCケース内の温度を低く保つことができます。しかし、自作PCでは使用するPCパーツによって、PCケースに求められる冷却性能も変わります。そこで本製品では、最高9つのファンを搭載できるようにすることで、使用するPCパーツに合わせてPCケース内のエアフローを柔軟に変更できるようにしました。ローコストで発熱が少ないPCから、超ハイエンドの暖房機器のようなPCまで、ファンを増減することであらゆるパーツ構成に対応できます。

 

・7つの3.5インチドライブベイを備える高い拡張性
 本製品は3.5インチドライブベイを7つに、5.25インチドライブベイを3つ搭載しています。7つの3.5インチドライブベイの内2つは、付属の変換アダプターを使うことで4台分の2.5インチドライブベイとしても使用可能です。すべてのドライブベイを使用すれば、HDDなら最高7台、SSDなら最高4台を搭載できます。市販の変換アダプターを使用すれば5.25インチドライブベイにHDDを搭載したり、3.5インチドライブベイにSSDを搭載したりすることもできるので、さらに多くのストレージにも対応できます。

 

・長さ405mmの超巨大ビデオカードにも対応
 ハイエンドビデオカードを問題なく搭載できるように、PCケース内部は広めに設計を行いました。ビデオカード搭載スペースの幅は295mmあり、ほぼすべてのビデオカードに対応しています。また、7つ搭載する3.5インチドライブベイの内、3つは取り外すことができ、取り外した場合には長さ405mmの超巨大ビデオカードにも対応可能です。

 

・240mmサイズおよび120mmサイズの液冷ラジエーターに対応
 本体上部のファン取り付けスペースは、240mmサイズの大型液冷ラジエーターの搭載に対応しています。また、120mmサイズの液冷ラジエーターであれば、上部または後部のどちらにでも搭載することができます。より大きな液冷ラジエーターをPCケースの外に設置する場合には、背面の液冷ホースホールからホースを内部に引き込むことができ、スマートな設置が可能です。

 

・電源ユニットをホコリから守るダストフィルターを底部に搭載
 電源ユニットの取り付け部分にはダストフィルターを搭載しています。電源ユニット内に直接ホコリが入ることがなく、簡単なメンテナンスだけで長期間の使用でも安心して使い続けることができます。

 

 

 

戻る